103歳で 天寿を全うされた 萩焼陶芸家「三輪壽雪先生」の市民葬に参列してきました


歳を重ねられても 自分のことは 自分でする 無農薬の野菜をつくる 自転車にのり 気分転換に走る(かなりなご高齢でも乗っておられ人間国宝の先生を萩市民の皆さんははらはらしつつ見守れておられたとか)


歳晩年は 自転車も 畑も 作陶もされないとはいえ 凛として ご自分の人生を生き抜かれていたと 伺っています
11代三輪休雪 人間国宝保持者 萩名誉市民 
素晴らしい功績を残されました 社会福祉にも貢献されたと伺いました
鬼萩割り高台 独自の萩焼の世界を切り開かれた方です

献花をしながら 先生の生きざまに 素直に頭を垂れました
心より ご冥福をお祈りいたします

三輪休雪先生ほか ご親族の皆さまは たくさんのご弔問の皆さま お一人 お一人を
お見送りされていました


103歳の人生

私は人生 まだまだこれから

若輩者

年末の忙しい時間が ふと止まった


今日もできることに心を込めます

ありがとう 全ての存在に感謝します
2012.12.27 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2525atorie.blog6.fc2.com/tb.php/486-f919703a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)