嬉しいニュース
ご近所の息子さんが志望高校受験に 合格しました
おめでとうございます
彼が2?~3?歳のころに 引っ越ししてきた
ご一家
もう そんなに時が 過ぎたんだ(^。^;)


昨日の 本焼きの 窯だし
きよさんの 近々掘ってきた 土のテストピース2こ
無釉で火前に置いたけど
耐火度あるね
早速水を入れて
水の味がどうかわるか試す

ちょっと 水の味が きりっとなる感じ 優しくなるというより

きよさんは 土を採取して 原土のまま ロクロをひきます 土によっては 水の味が変化します

釉薬を掛けないほうが 水の味の変化は 大きいのです(変化の少ないものもあります)

しかし 普段は 釉薬を掛けたほうが使い勝手や 丈夫さなど いろんな面で 良いのです

釉薬って なに

というかたに 焼き物には 胎土のうえにガラス質の 皮膜がかかっています
透明や 色がついたものです
だいたい 陶器の場合1200度以上 1250度 位で 溶けます

本焼きをするのは 釉薬をきれいに 溶かすため 釉薬が 溶ける温度で焼くことを 本焼きと いいます
ざっくりと 説明しますと(笑)

窯だしは嬉しい
おおむね 良好 ほっ

今日は 作品の 整理です 作業台が うつわで にぎやか 4月の窯展に向け 準備です まだまだ作るよ~(^o^)/
2013.03.15 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://2525atorie.blog6.fc2.com/tb.php/539-e7f464d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)